2018年05月27日

ダービー’18予想 その1

せっかくのダービーウイークなのに土曜日仕事で、予想の下調べが出来ておりませんで、間に合うのかどうか?




ワグネリアン・・・調教みると皐月賞は捨ててダービーを選択したんだろうけど、枠順に泣く。トップギアの持続は得意なのでこの条件良いと思うけどね。馬券買うにはもうちょっとオッズ下がって欲しい。



エタリオウ・・・スタミナあるけどスピードが無い。ここまで拾うか悩む。



エポカドーロ・・・皐月賞見る限り、まだ余力ありそうな感じはした。スタートの巧さと加速能力、程々のタフさ。この条件だとちょっと分が悪い。抑え。




ジェネラルウーノ・・・皐月賞は戸崎の仕掛けのタイミングを後続を意識して遅くした効果が絶大だった。田辺は逃げ馬の場合、トップギアに入れないで持たせるイメージなんだよね。



キタノコマンドール・・・姉には及ばないが加速力は良いモノ持ってる。逆にいうと持続力が弱くなる。ワグネリアンと逆のイメージかな。



サンリヴァル・・・関東圏G1の乗り代わりって浜中ばっかりなんだけど、何故なの?


続く

posted by スキピオ at 11:17| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

オークス’18予想

う~ん、降参


◎アーモンドアイ
○サトノワルキューレ


デムーロとしても、早仕掛けで、◎が届かない点しかギャンブルしようがないと思うが、
直線まで我慢した方が良い馬場であることと、○の調教がイマイチなところがね。

仕掛けが早いので、3着あたりは15・16辺りを狙いたいんだけど、流石に内3頭がそこまで弱くは無いだろうから、トリガミになっちゃいそうなので3連系はパス。

posted by スキピオ at 13:25| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

ヴィクトリアマイル’18予想

先週の結果でこの時期特有の極端な前内バイアスに
ちょっと疑いの目をもったんだけど、
昨日の結果は時計は速い

来週以降もあるからとりあえず、例年通りに予想して、
その結果を来週に役立てよう


◎ジュールポレール
○レーヌミノル
▲レッツゴードンキ
△アエロリット


古馬単距離路線でソコソコ頑張っている○▲
△は典から替わるので評価下げ
ソウルスターリングはちと太い
リスグラシューは増えてきたのは良いけどまだ細い、秋以降かな
カワキタは買いたいんだけど、普段からああいう調教なのだろうか?



posted by スキピオ at 12:47| Comment(1) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

NHKマイルC’18予想

初日→アウトレットへ買い物プチ旅行
二日目→衣替えを兼ねた部屋の掃除
三日目→焼肉パーティー
四日目→競馬
もうGWが終わる

◎ダノンスマッシュ
○タワーオブロンドン
▲プリモシーン
△3・10・17

posted by スキピオ at 12:15| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

天皇賞(春)’18予想

G1馬少なくとも、予想として凄い面白いし、個性のある馬達ばかりで、見どころいっぱい




カレンミロティック・・・先行力・持続力・ソコソコのギアチェン能力にコースをわかっている鞍上と絶好枠。足りないのは若さだけ。人気馬・有力馬ともに枠順や条件や状態が噛み合っていないので、ヒモには買っておいた方が良いかな。藤岡・三浦が共に早く仕掛けあうのを直後で観戦モードしてそうなのも良い。


レインボーライン・・・スケールダウンしたゴールドシップという見立て(キレ味は上回っているが)。春天で後ろに置かれちゃうのは致命的。持続的な脚は現役でも上位だと思うけど、ゴールドシップのように捲れるというほどでもない。外から道中ポジションを上げるタイミングはなかなか無いし、内を狙おうにも、近い位置にボウマン・川田・福永が並んでいるからね。春天の外の怖さを知っている岩田だけに、乗り難しそうだけどね。


サトノクロニクル・・・サトノというと脚キレるという個人的な偏見あるんだけど、こちらはキレない方だね。結構パフォーマンスにバラつきがある印象だけど、時計は速い方が良いみたいだし、チェンジアップ能力はあまり問われない方が良いみたい。前走、岩田にカットされなきゃ、良い勝負になっていたかな?


クリンチャー・・・更に強くなってきたみたい。前走、掛かりそうな分、武が外誘導。結局、外回し続けて3着。そんな有力馬みたいな乗り方して、と思いながらこちらも岩田に軽く邪魔されたクチ。休み明けの馬が多いなかで、叩いていたアドヴァンテージはあったけど、使い減りしないブライアンズタイムの血だからね。



◎クリンチャー
○レインボーライン
▲サトノクロニクル
△カレンミロティック
×6・11

posted by スキピオ at 13:35| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする