2017年06月04日

安田記念'17予想

近走のマイル戦線って割とスロー多いよね〜

◎ロゴタイプ
○ブラックスピネル
▲イスラボニータ
△8・12・14・17

加速のポイントを遅くらせることが出来ればだね〜♑

posted by スキピオ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

ダービー'17予想 その2

ダイワキャグニー・・・キンカメ×サンデーをダービーで推さないのはもはや意地。この点については春と秋の馬場絡めて、キンカメの距離適性について、そのうち語る機会があると思います。最近の府中の時計は額面通りに受けちゃダメだと感じている。

ベストアプローチ・・・頭の中でベストリゾートと混同しているな。3走前ぐらいで見切りつけたけど前走を見て惚れ直した。京2辺りでのイメージは脚を使いきれればというイメージだった。前走もアドミラルがそこそこのペースだったのを捕まえに行ってくれて、レース展開が勝手に転がり込んできた感じ。自力で動けるタイプじゃないけど、脚を使い切れればという希望。2度目の岩田がその確率を跳ね上げてくれるように思えて、本命は割とすんなり決まった。最近の府中の馬場は速すぎるので、歴代の馬達と比較するのはナンセンスだと思うけど、前走のレースのレベルはソコソコだと思うよ。アドミラル売れているのに、なんで人気しないんだろうね?

皐月賞組・・・まぁ、本当に評価が難しい。わからないので上位3頭抑えるけど、走る前に評価はちゃんとしておきたい。マイラータイプの内先行馬場だったというだけでは、間違えるな、多分。パッと見、一番の評価はダンビュライト。外廻り続けて、ファンディーナに被せる目的で仕掛けも自分のタイミングではなかったであろう、それでも外から少し巻き返す。逆に内を突いたペルシアンナイトは向こう上面で脚を使いながら、直線でも伸びる。4角仕掛けどころで待てて、最短距離行けた利もあるけど、道中脚使ったカデナは、直線で脚使えてないからね。意外と脚長く使えるイメージ。アルアインは前獲って、中盤休めた印象だけど、仕掛けどころは反応できてない、遅れて伸びてきた感じ。テンに脚を使いつつ、ここでも再加速できたと解釈するか(結構脚使います)、中盤楽できたと見るべきか微妙。しぶといダンビュライトが上り速いと?という意味では、内枠を引いたのと、脚質を武が経験しているのは良いし、距離伸びてパフォーマンス上げてきているからね。ペルシアンナイトはこうやまき賞でも、道中動いて終いの脚も使っている。追走スピードはそんなに速くないので、戸崎が仕掛けるタイミング次第だけど、大一番で初めての馬というのもちょっとね。アルアインは追走スピードが速い分距離?で例年の前止まらない馬場なら結構面白そうだけど、前走あの追い方でダービーを平常心で乗れるか鞍上が心配。
この条件で馬だけの評価ならペル>アル>ダンだけど、人+馬評価だとダン>アル>ペルかな。


◎ベストアプローチ
○アドミラブル
▲ダンビュライト
△クリンチャー
△アルアイン
△ペルシアンナイト


いやぁ、今年の牡馬は難しかった。これだけ力の差が無い年も珍しいね。ダービーまで予想楽しめました。こういう面白い舞台を日々作ってくださる方々に感謝です


posted by スキピオ at 13:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダービー'17予想 その1

せっかくのダービーウイークなんで、週中から一生懸命予想しようと思ってたんですけど、昨日も仕事。出走までにできるだけ、各馬調べたい

スワーヴリチャード・・・前走手前を替え方イマイチで府中ならということらしいけど、左回りも替え方下手じゃね?追うと右手前だから、右回りよりは左回りの方が良いんだろうけど、ワンターンコースは誤魔化せたけど、長距離でどうよ?逆説的にはその競馬でこの成績だから、強いんだろうけどね。位置取れた前走の四位の騎乗は器用じゃないこの馬を何とか追い出せるように頑張っていて、涙出そう。ドスローで追走楽なら狙う目あるけど、ダービーだからね。

アドミラブル・・・誰がみてもこの中で一番強いでしょう。枠のお陰で予想がすごく楽しい💕

クリンチャー・・・藤岡君、前走乗り方最高だったけど、直線向いた瞬間の外への誘導必要だった?この馬の脚で再加速は無謀。今回はちゃんとお願いします。

サトノアーサー・・・池江先生の調教コメント「気道広げた」とか具体的なので、記者の人もこういうのいっぱい載せてほしい。しかし、ポテンシャル見せ過ぎないで使ってきて、本番迎えるの勘弁してほしい。予想する手段が無い。

                              
posted by スキピオ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

オークス'17予想

先週のヴィクトリアマイル、あの展開を想定しろっていうのはちょっと無理。ただ、デンコウアンジュの資質を把握してないのはいただけないね。猛省

◎モーヴサファイア
○フローレスマジック
▲リスグラシュー
△1・2・7

今年はステップレース組のレベルが低すぎる。完全にココ狙いで今まで仕上げなかった○はオッズつかなくても、狙わなくてはいけない。調教抜群の▲は枠が不運で、ルメールとデムーロの間で乗り難しそう。ミヤビなんかより中距離の内容が良かったのが◎だったりする。

posted by スキピオ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

ヴィクトリアマイル'17予想

明日は5時起きで出かけるので、オッズも馬場も見れないな


◎アスカビレン
○クイーンズリング
▲スマートレイアー
△3・11・14

◎は戦績から馬券になる時は頭で来るようです


posted by スキピオ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

NHKマイルC'17予想

いやぁ〜難しい


◎タイムトリップ
○リエノテソーロ
▲レッドアンシェル
△1・16


△は買う気が無かったけど予想したら、可能性として残りました。位置取ってくれるかとか、前空くのか?とかですが。▲も買う気がありませんでしたが、調教良かったので入れました。◎○狙いですね。馬券の組み立ては。

posted by スキピオ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都新聞杯'17予想

気づくと、休みは残りわずか

◎メルヴィンカズマ
○サトノリュウガ
▲ミッキースワロー
△3・11


posted by スキピオ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

天皇賞春'17予想 その2

天皇賞春’16
キタサンが作った展開。人気と着順の関係から、前と追込みが楽で、中段のグループより前辺りが一番、きつかった感じ。ダスカのレースによくあったパターン。武的にはゴールドアクターとサウンズオブアースを潰す意図だっただろうと思う。前と追込みは自力で大丈夫だろうという認識。そういう意味で見るなら、軽い馬場が得意とはいえトーホウジャッカルはやはり強かったのだろうし、外の中段をまわし続けて、自分で仕掛けた、ゴールドアクターの着順は気にしなくていいと思う。内を廻ったにせよ、直線まっすぐ走れなかったアドマイヤデウスの評価が微妙。追込み勢からは、4列目の内のシュヴァルが3着なら、内・中・外の中の後ろにいたタンタアレグリアは強いし、その外でまわってきて0.2差のファタモルガーナはタンタと互角評価。


◎キタサンブラック
○ファタモルガーナ
▲シュヴァルグラン
△ゴールドアクター
△アドマイヤデウス

ゴールドアクターは馬は評価もトリックスターが鞍上の為、印下げ、自力アップと前走ココ想定して乗っている福永が好枠引き当てたので、印上げ。ファタモルガーナ陣営は、昨年もぶっつけであの走り、鞍上も行儀は悪いが、勝負どころが見えているからこその積極性。新潟の重賞で先行していた時期もあるので、軽い馬場はマイナスじゃない筈。あとは位置取れるかどうか。岩田も内の意識が高い分信頼しているが、少しでも前目という意味では、少し難しいと思うので、ヒモ評価。ルメールに後ろで待てる精神的タフさがあったらお手上げ!
posted by スキピオ at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇賞春'17予想 その1

ゴールドシップ辺りから、春の天皇賞の面白さに気づいた。最近長距離結構好き。2強以外に馬券的という意味でもなく、今回の走りに注目したい馬が多数。全部は無理だけど、個人的注目ポイント書いて、未来の参考にしたい。


サトノダイヤモンド・・・まず、大阪杯に使わなかった陣営に拍手を送りたい。もう凱旋門賞しか見てないね。やはり中距離のペースを経験させないで、凱旋門までは長距離使い続けることが大事だと個人的にも思う。宝塚は当然使わないんでしょ?で、今回。この距離でキタサンとガチンコ勝負期待していたんだけど、神様はどうしてこんな枠に入れてしまったのか。着順に関わらず、凱旋門は使ってください。

レインボーライン・・・この馬もなんでこの枠なのよ?内に入ったら狙おうと思ってたのに。で、今回一番注目しているのが、この馬の走り。ブログ的に今年のテーマはスピードの質の探究。距離適性におけるスピードの関わり方って、どんな風なんだろうね?というのをこの馬が教えてくれると思っている。今のところ、持っているギア比が影響しているんだと思うんだけど、ギア比が無ければ、短距離馬。遅いギアと速いギアを持っているのが長距離場。で、一番体力使わないで走れる追走スピードが位置取り(気性とかの概念は除く)を決めると思うんだよね。マイル重賞を勝って、菊花賞2着。札幌の稍重の中距離もこなす。この馬のスピードの質というか源ってなんだろうね?

キタサンブラック・・・遅筋タイプなので休み明けは弱いということで、評価下げた前走。結局勝たれて休み明けは【3.1.0.0.】。負け惜しみを言わせてもらえれば、それは論理的に矛盾しないと言いたい。出来100%じゃなくても勝てるんだよ!ということで前走メンバーの質疑問符?

大阪杯‘17
 マルターズアポジーの逃げで、前5Fが59.6で、馬場を考えれば、テンは飛ばしているけど、ミドルペース。離れたキタサンは殆どスロー。前を捕まえに行くのを全員虎視眈々と仕掛けを待っているんだけど、武は3角でも動かない。蓋をしているイメージなんだろうね。そこで、後続が仕掛けると、直線で明後日の方に行ってしまうので、流石に有力馬のジョッキーはそこでは動かない。「え、動かないの?」と思っている時、既に特異点は越えている。3角と4角の中間ぐらいから捕まえに行くしかないんだろうけど、如何に良い脚持っていても、物理的に、コーナーでスピード上げつつ、前を詰めるのは、この時点では既に無理。アンビシャスは個人的には、出来が良くなかったと見ているので、評価保留だが、マカヒキとヤマカツのギアチェン能力と瞬間的な伸びは、キタサンの脚で抑え込めるという印象(展開利込みで)。使っていたステファノスを休み明けで抑えたキタサンがまだ成長している可能性も考えないといけないのかもしれない。通常、生物は完成形になるまでに要する時間は、寿命の長さに比例する。サラブレッドに関しても、ピークに到達するまでの時間は、競争寿命に比例すると考えて良いかなと思っていて(故障と気性という名のモチベーションは除く)、まー、後2年は頑張ってもらいたい。で、その遅筋タイプのG1いくつも勝っちゃうような馬が種牡馬として失敗することも述べたいんだけど、また別の機会に。話を元に戻すと、あの位置から届くには、ショウナンマイティやファンディーナ級の能力が必要なのかもしれない。

続く


posted by スキピオ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

皐月賞'17予想

去年も予想が面白かったけど、今年も難解なレースで面白い。今年のクラシック戦線は馬場は違和感なかったけど、強いレースをしてきた馬が、次走アッサリ負けたり、使ってくるレースがかなりばらけていたり、しかも、休み明けだったりと、ただでさえ難しいのに、先週の結果が記憶に残る中での、牝馬の新星登場。一生懸命に予想しようと思いましたが、卓球の超特大新星・平野美宇に邪魔されてます(皆様YouTubeで見れますよ)

◎クリンチャー
○アウトライアーズ
▲プラチナヴォイス
△ファンディーナ
×ウインブライト


ファンディーナ・・・血統的には早い段階から強いし、前走はあれぐらいのペースから、尋常じゃないギアチェンジ。加速力というかディープ譲りの『飛ぶ』感じはこの馬が一番持っていると思う。進路空いていれば、もう少しペース上がっても大丈夫だと思うけどね。あとは、2回目の東上がどうか?あの脚を使える時間が長かった場合、ホントの化物級だね



posted by スキピオ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする