2017年04月30日

天皇賞春'17予想 その1

ゴールドシップ辺りから、春の天皇賞の面白さに気づいた。最近長距離結構好き。2強以外に馬券的という意味でもなく、今回の走りに注目したい馬が多数。全部は無理だけど、個人的注目ポイント書いて、未来の参考にしたい。


サトノダイヤモンド・・・まず、大阪杯に使わなかった陣営に拍手を送りたい。もう凱旋門賞しか見てないね。やはり中距離のペースを経験させないで、凱旋門までは長距離使い続けることが大事だと個人的にも思う。宝塚は当然使わないんでしょ?で、今回。この距離でキタサンとガチンコ勝負期待していたんだけど、神様はどうしてこんな枠に入れてしまったのか。着順に関わらず、凱旋門は使ってください。

レインボーライン・・・この馬もなんでこの枠なのよ?内に入ったら狙おうと思ってたのに。で、今回一番注目しているのが、この馬の走り。ブログ的に今年のテーマはスピードの質の探究。距離適性におけるスピードの関わり方って、どんな風なんだろうね?というのをこの馬が教えてくれると思っている。今のところ、持っているギア比が影響しているんだと思うんだけど、ギア比が無ければ、短距離馬。遅いギアと速いギアを持っているのが長距離場。で、一番体力使わないで走れる追走スピードが位置取り(気性とかの概念は除く)を決めると思うんだよね。マイル重賞を勝って、菊花賞2着。札幌の稍重の中距離もこなす。この馬のスピードの質というか源ってなんだろうね?

キタサンブラック・・・遅筋タイプなので休み明けは弱いということで、評価下げた前走。結局勝たれて休み明けは【3.1.0.0.】。負け惜しみを言わせてもらえれば、それは論理的に矛盾しないと言いたい。出来100%じゃなくても勝てるんだよ!ということで前走メンバーの質疑問符?

大阪杯‘17
 マルターズアポジーの逃げで、前5Fが59.6で、馬場を考えれば、テンは飛ばしているけど、ミドルペース。離れたキタサンは殆どスロー。前を捕まえに行くのを全員虎視眈々と仕掛けを待っているんだけど、武は3角でも動かない。蓋をしているイメージなんだろうね。そこで、後続が仕掛けると、直線で明後日の方に行ってしまうので、流石に有力馬のジョッキーはそこでは動かない。「え、動かないの?」と思っている時、既に特異点は越えている。3角と4角の中間ぐらいから捕まえに行くしかないんだろうけど、如何に良い脚持っていても、物理的に、コーナーでスピード上げつつ、前を詰めるのは、この時点では既に無理。アンビシャスは個人的には、出来が良くなかったと見ているので、評価保留だが、マカヒキとヤマカツのギアチェン能力と瞬間的な伸びは、キタサンの脚で抑え込めるという印象(展開利込みで)。使っていたステファノスを休み明けで抑えたキタサンがまだ成長している可能性も考えないといけないのかもしれない。通常、生物は完成形になるまでに要する時間は、寿命の長さに比例する。サラブレッドに関しても、ピークに到達するまでの時間は、競争寿命に比例すると考えて良いかなと思っていて(故障と気性という名のモチベーションは除く)、まー、後2年は頑張ってもらいたい。で、その遅筋タイプのG1いくつも勝っちゃうような馬が種牡馬として失敗することも述べたいんだけど、また別の機会に。話を元に戻すと、あの位置から届くには、ショウナンマイティやファンディーナ級の能力が必要なのかもしれない。

続く


posted by スキピオ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449462532

この記事へのトラックバック