2016年12月24日

有馬記念'16への道 その3

我が地元、競馬新聞がコンビニに並ぶの16:00頃
もうちょっと早くしてほしいな🎄

第3ブロック 12.7-12.3-11.9

第2ブロックの12.5から第3ブロックの12.7のペースダウンした箇所は、坂の上りと下り部分である。ゆっくり上ってゆっくり降りる。坂の上りでゲージ消費を抑えるためのペースダウンなら、下りのペースダウンの意味はというと、カロリーもさることながら、他馬に下り坂を利用させないためだと思う。武の狙いが重層的で同時多発的な分、文章が飛びまくっていて申し訳ないが、『行くのね』と認識させてからのペースダウンのタイミングの速さが、個人的には凄いと思うのだ。この経緯だと、ペースダウンが気づきにくい。行くのねと思っていたら、もう落としているのである。そして気づいたときには馬群が3角を緩く曲がっているという状況。田辺が一番速く・正確に気づいたと思うが、その後位置を獲った組は緩く行きたいし、後ろの組程ペースを上げてもらいたい。無理に動いてもここからだと最後止まる。無謀な賭けでリスク取るよりも、ひとつでも着順が上の方が良いという他のレースに対し、最悪着は拾いに行かなければというJC・有馬特有のインセンティブ(例:10%の勝率と3着に来る確立100%ならそちらを選ぶという意味で)。且つ無理な動きによる有馬へ向けての消耗のトレードオフ。外国産馬と外国ジョッキーという不確定要素も双方動きにくいというというか読みにくいという部分もあるだろう(コース形態含めて詳しくないし)。有力馬ほど賞金という斤量に縛られる。この辺は馬の力もさることながら、騎手の頭脳と腕が試される面白いレースになりつつあって(俺が最近気づいただけかもしれないが)1年のクライマックスだし、確実にキーレースになりそう。加えてスローペースが増える傾向なら、結果的にチャンピオンズCみたいにチーム戦が多くなってくると思う。今回の有馬ではどうだろう?そう考えると騎手の能力の差が端々に影響してくるんだなぁと感じ、隼人替えるとかにならないんだろうか?あと、着を確実に拾う味を堪能中の福永。お前はその位置に留まってはいけないんだよ!と言いたい。(続く)




posted by スキピオ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445196493

この記事へのトラックバック