2016年12月23日

有馬記念’16への道  その2

競馬の予想家っていっぱいいるけど、調教派の人達に、「池江厩舎はこういう理由で4F追いで仕上げます」とか「松国のところはこうやってるから馬体がムキムキなのです」とか、調教の良い悪いだけでなく、厩舎毎の理論とプロセスと各馬に対する調教の仕方とかを伝えてほしい。2歳の時は調教こうだったけど、古馬になってからこうしてますとか、そういうのエンターテイメント性があって、馬との距離が近くなるし競馬がすごく面白くなると思うんだよね。そういうのやって欲しいな👠




第2ブロック 12.3-12.2-12.5

1角曲がって、隊列落ち着き、誰も来ないので、ペースアップ。ここも落とす選択肢あるなかで、遅いと、前狙う馬が出てくるし、上り勝負の可能性を高めるわけだから、この辺がペース上げる、考えてみれば数少ないポイント。カーブの部分で相手に膨らませる・距離ロス強いる武なら、ここから向こう正面までのどこかがセオリー。動く馬がいれば、その馬が誰かに応じて、替えるんだろうけど。ただここのペースアップで、「ああ、武、行くのね」と他に認識させるのは結構重要。今年のJCからなのか、秋天スキップして、賞金異常に高いJC→有馬を本気狙いする陣営が多くなっているように感じ(着狙い含め)、マイル近辺と長距離カテゴリって棲み分けが出来てくるように感じる。マイラー・牝馬が秋天、最強クラス・長距離馬がJC・有馬で、春からのローテ的にも、大阪杯がG1になるなら猶更。そういう意味でもペースって、距離持たないマイラー、掛かりやすい牝馬で秋天もペース落ち着きそうだし、スピード高めの中距離馬が秋天出るなら、JC・有馬も似た脚質ばかりの馬でスロー頻度は高くなりそう。話を逃げることを他騎手に認識させることに戻るが、距離適性がカテゴライズされるなかで、賞金が高いココ狙いの馬が大半の中で、スタートをうまく切って、位置取れた、取れなかったで一喜一憂している中で、隊列落ち着いた状況での武のGO!である。博打打とうとしている騎手への牽制としての効果とそれなら脚を貯めよう誘導させる効果。個人的に武が凄いと思うのはこれまでの経緯からの心理戦を含めたここからのアクションである。安勝Twitterで「向正面で勝負あり!」と言わしめた箇所だと思う。(続く)




posted by スキピオ at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445164052

この記事へのトラックバック