2015年10月25日

菊花賞'15予想

普通に予想したら

◎サトノラーゼン
○ミュゼエイリアン
▲リアルスティール
△タンタアレグリア

になったんですけど、捻りが効いてないから

母父バクシンオーってだけでキタサンブラックを本命にしたいのですが(サブちゃんのファンではありません。演歌業界は大嫌いです)、あの人気なので、そのままで行きます。

以下、メモ欄。

リアファル・・・1番人気がよくわからん。

リアルスティール・・・前走マークする馬を間違えたとのことだそうだが、折り合いが原因で道中動けなかったのだと思う。昨年から菊花賞はより高速化しているので、この手のタイプでも来れるんじゃないのかな?

サトノラーゼン・・・最近この厩舎のステップ⇒本番のギャップがあり過ぎて、矢作厩舎並みに読みにくい。

スティーグリッツ・・・菊花賞に限ってはこういう穴人気馬が普通に来るから凄い。前走あの流れで、差し返すのはかなりの好印象。オッズがね。

キタサンブラック・・・前回の血統論で言えば、ブラックタイド(C/T かT/T)×バクシンオー(C/CかC/T)だとすれば、実績からC/Cは無い、C/Tだと狙わなくとも良いかなと思うが、T/Tだった場合、レース後悶絶しそう。近二走ではそれはわからないが、体重からそれはあるかも?

ブライトエンブレム・・・長い直線コースどうなんでしょうねぇ。脚が短い感じします。

ベルーフ・・・エイシンフラッシュっぽいイメージです。

ミュゼエイリアン・・・血統的というよりは大分細い線ですが、菊花賞に繋がる戦績というか能力だと思います。典にはじっとしていて欲しい。

posted by スキピオ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

秋華賞'15予想

エクイノム・スピード検査ってなんだ?と思ってググったら、殆ど速筋と遅筋のイメージだったのでそんなの知ってるわ!ってことなんだけど、C:CとC:TとT:Tしかないということであれば、昔からの父と母父で距離適性決めていたのもあながち間違いではないと思うし、個人的にショックなのは、短距離馬が2,000m位は克服できるだろうと馬券狙っていたんだけど、やはり結果的に距離限界があるみたいなのは残念(コレ競馬新聞に書いて欲しくないわ〜、菊花賞とかすごく堅くなりそう、でも種牡馬一覧には載せてほしい)。あとスピードがスタミナより優性遺伝するイメージだったんだけど、別の要因かなぁ

@ C:C型(速筋型)  早熟。距離限界。休養明け強い。成長を想定しなくていいタイプ。
A T:T型(遅筋型)  晩成。長距離向き。休み明け弱い。本格化すると無双タイプ。
B C:T型(中間型)  幅広過ぎて把握困難。シェアとして6割弱。

サラブレッドの速筋割合は70%位だった筈なので(多分)、極端な距離適性はあんまりないという自論だったけど(武曰くサラブレッドの距離適性は1,400m)、@とAに関しては、ちょっと無謀な狙いは極力抑えよう。意外とバクシンオーとかって、晩成のイメージなので、スプリンターでもBのタイプなんだろうね〜。把握されやすい分、馬券的には@Aは狙いにくいんだろうけど。あと血統的な特性をミスプロ系、ストームキャット系とかいう括りで見てたんだけど、これからはやめた方が良いかな〜。1代経ると半分変わる可能性があるわけだし2代経ると全然違う特性になっちゃうもんね〜

◎アースライズ
○アスカビレン
▲ミッキークイン
△レッツゴードンキ


posted by スキピオ at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

京都大賞典'15予想

飛ばして残すという昔ながらの(世界標準の)スプリンター的な資質がコース形状的に要求されなくなっていると思っていたら、それ以上に騎手の方にそのイメージを持っている人間が少なくなっているのでは?という先週の結果毎日王冠もそうだけど、全員スロー歓迎というか、流れを変えに動くと負けみたいな雰囲気(ルメールはちゃんと動いている)。溜めたらどれくらい切れるか?を試している武に対し、そのままやらせておいてはいけなんだよ、福永。邪魔しにいかなくちゃ!本番はこういうところから始まってるんだから

◎フーラブライト
○サウンズオブアース
▲ラキシス

さて、今年予想をしていて評価が難解なレースの春天。宝塚記念でデニム拾えたのは春天の評価が高かったから(宝塚は別の資質で来たような感じはするが結果オーライ!)。というのは想定として、キズナが自身のパフォーマンスの分だけ走ってあの結果なら他の馬をどう評価すべきか?というところがスタートだった。遅い⇒速い⇒普通という大まかな流れの中で、前半追走遅すぎる、ゴールドシップとラストインパクトとキズナとデニムアンドルビー。内枠の経済コースを走ったラストインパクトもかなりの強さと思うけど、ペースが上がる中盤で詰めつつ外回してそこそこのキズナとデニムアンドルビーがあの着差なら相当強いんじゃね?という評価だった。が二匹目のドジョウのネオブラックダイヤがああいう戦績なのでちょっとねぇ。中段に位置した人気馬総崩れも、スローの前半は恩恵無く、アドマイヤデウス等抑えなければ若しくは詰めなければいけないところで掛かったり、ゴールドシップの動きにつられたりということを考えれば、フェイムゲームが相当強くなってるなぁと(昨年の有馬狙いたかったのに)。で今回の結果で中段にいた馬達のデータを収集したいわけだ

posted by スキピオ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

毎日王冠'15予想

なんでしょうこの連休天気悪いパターン
明日も悪いみたいです

◎ディサイファ
○ステファノス
▲スピルバーグ
△アンビシャス
△ダノンシャーク

posted by スキピオ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

スプリンターズS'15予想

高齢化著しいスプリント戦線
3歳や上り馬をピックアップしたいところだけど、お眼鏡にかなう馬見つけられず

各馬の調子も解りづらいし、こんな感じの印に

◎ハクサンムーン
○レッドオーヴァル
▲ミッキーアイル
△2・7・15

○を本命に考えていましたが、位置を獲らなそうなジョッキーなので評価下げました。少なくとも道中、早めに動いてください(懇願)

posted by スキピオ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする