2013年10月27日

天皇賞(秋)'13予想 その3

シルポート程ではないが結構なペースの逃げになると思う。瞬発力特化型の騎手が逃げ馬に乗るんだから、その辺は十分に心得ていると思う(まさか本番で瞬発力を引き出す乗り方試したりはしないだろう)。コース的には逃げ馬には厳しい条件。後続が追いかけやすい瞬発力ある馬が間に合いやすいコース。追いかけやすい?今回馬場から追いかけにくくね?瞬発力の能力が相殺されるなら、狙いたいのは先行できるスピード豊富なタイプでハイペースに対応できる馬←外枠に配置されている。臨戦過程からも毎日王冠組よりは京都大賞典組が買いたいものの先行タイプがいない。馬場を選んで走る鞍上の特性から内狙いそうな人馬へ印を流す。

◎トゥザグローリー
○トウケイヘイロー
▲ジェンティルドンナ
△エイシンフラッシュ
△コディーノ

小股走りのコディーノが軽斤量内枠で重馬場合いそう。というか3着に入って馬券邪魔されそうな的な押さえ。

消去法且つファーストインプレッションから買わないであろうと思われた馬を買っているというなんだか煮え切らない予想。菊花賞の予想と正反対で爽快感に欠ける。というか条件に合う穴馬がいない(見つけ出せない?)というフラストレーション失恋


posted by スキピオ at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

天皇賞(秋)'13予想 その2

宝塚記念・・・これだけ前傾なのに、ほぼ位置取りがそのまま着順。良馬場ながら、重い馬場。内外の差を考えないとすると、資質が瞬発力よりなのか持続力よりなのかがはっきり出たレース。勿論、臨戦過程からのタフさも考慮に入れないといけないが、やはり、ジェンティルとフェノーメノの強さは瞬発力に大きな割合が占めているということ。あのオークスとダービーから、スタミナがないとは言わないが、ハイペースでの信頼はやはり下がる。乱暴な仮定だけれども、スタミナという能力を比較するとこの順位とみる。もちろん潜在能力に対して、どれだけ発揮できたかと言えば、ジェンティル・フェノー・トーセン・ヒットは本領とは言い難い。というか、どれだけ走れなかったかの違和感が競馬力。

秋天‘11・・・以前読み解けなかったレース。解らないまま封印していたが、2年越しの宿題。トーセンとダークは良いんだけど、問題はトゥザグロとエイシンフラッシュ。どうしてこんなに走ったのか?両馬とも休み明けなのに。昨年の秋天やフェノーの経験から今は読み解けるんだけど、それでも、このペースで追走できた両馬は、スローに特化しているといえど、このメンツに入れば、ハイペース耐性ある方。外回したトゥザグロは着差ほどの差は無い。この辺が戦績とオッズとの妙。
posted by スキピオ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

天皇賞(秋)'13予想 その1

トウケイヘイロー・・・武の逃げについて。パッと思いつくのは、サイレンススズカとリーチザクラウン。どちらかというと、両馬とも引っ張って逃げるタイプ。リーチの方は軽快さが足りない分、スタミナを武器にするのに対し、スズカは、軽快さと脚が止まっても(惰性で走っていても)、LAPが比較的落ちない。逃げ馬に乗る場合に他の騎手が、100使えるスタミナをどのようなバランスで使おうと考えているのに対し、100使った後の脚の鈍りが少ないと認識しているのとでは雲泥の差。その違いがわかる武はスズカ的資質を見極めるために使ったレースがある筈。どのレースだろうサーチ(調べる)

鳴尾記念(阪神20) 36.4-47.8-34.7
函館記念 (函館20) 34.9-48.0-35.7
札幌記念(函館20) 36.2-50.6-39.7

鳴尾記念は距離延長の不安か2番手で向正面から先頭。結構緩く逃げていたと思ったけど、クラスなりの時計。函館記念は最初からハナ主張。それ程離していないが、時計は速い。距離は気にせず、ワンペースの逃げ。最後の直線でも脚は止まっていない。どれ程の余裕を感じたのだろう?次走札幌記念。同条件ながら重馬場。当初馬場の良いスタートの直線部分で、リードを稼ごうとした作戦かと思ったけど、その後1〜2角・向正面・3〜4角でもペースを落としていない。馬場が悪いにもかかわらず、函館記念より明らかに前半からペース負荷をかけ、流石に最後の1ハロンは止まった(止めた?)。三つのレースを使いながら、中距離に慣らしつつ、且つ一定のペースのスピードを徐々に上げている。

オーケー。脚を計っているというより、サイレンススズカを作り上げようという狙いか。

とすると、本番のラスト2ハロンのLAPが見物。神よ!どうかこの才能を見極めるために土日は晴れにしてください晴れ

と言いつつ、週末までにこの分かりやすい条件で武に勝てる馬を探すのが我が生き甲斐というか競馬の面白さ目


秋の夜長は妄想が止まらない夜
posted by スキピオ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

菊花賞'13予想

武にとっての岡部や河内のような存在が福永に必要なのかもしれないトイレ

現時点でちょっと目を疑うようなオッズ。明日の天気込みのオッズかもしれないが欧州血統のバンデが3番人気。もちろん、神戸新聞杯と比較される。

バンデ        37.6-76.7-33.5
ナリタパイレーツ   37.5-72.8-35.4

ウインアルザスが結構引っ張った神戸新聞杯で、実質の先頭ナリタとの比較からすると、バンデの中盤は緩すぎるが、後半5Fは58.2。気持ちよく行かせ過ぎると矢作厩舎だけに怖い。ただ、エピがこのオッズで馬場渋るとなると、気性の問題はあるものの、早めの仕掛け。馬の方に抜けた能力があるものの、気にしなくていい不安要素に過敏に反応してしまえるきめ細やかなセンサーを持つ鞍上。無論、それは大成するために必須の能力ながら、量的把握を併せ持たなければ短所となる。こういう人気馬を乗り続ける機会に恵まれた武は実績を残しつつ各要素の量的把握をなし得た。天才は勝ち続けながら学習するが凡人は挫折しないと学習しない。福永にとって、武の時ほどに、世間が結果を待ってくれない時代背景はあるものの、地方・外人騎手との戦い、お手本に武が存在し、他の騎手が持っていない天才・父という重圧。武を超えうる資格の持ち主は福永だけだろう。



◎アクションスター
○サトノノブレス
▲エピファネイア
△12・18・9


ツッコミありがとうございます
m(__)m


posted by スキピオ at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

秋華賞'13予想

個人的には凱旋門賞はもはや勝てないのではないかと心折れてしまったが、マック・ステゴ→オルフェからバトンを引き継いだ池江調教師の挑戦は目を離してはいけないと思っている。


京都20。広角内回りコースで、内枠先行有利。淀の坂がある故仕掛け処も限られる。しかも時期が時期だけに、馬場の恩恵及び距離に自信がない3歳牝馬の気持ちの問題もある。マイラーでもこなせる条件ながら、持続力の影響下にもある舞台。如実に表れる天の采配。

特に今年は、実績馬を外に配置する、弱者贔屓のジャパニーズ仕様。勿論、内枠に関心がいきつつも、気になるのは津村・ビーナストリック。運命はこういう些細な部位に影響される

◎リボントリコロール
○ティアーモ
▲スマートレイアー
△2・6・14・16
posted by スキピオ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

凱旋門賞'13予想

◎オルフェーヴル

馬券を買わない予想は当たるのが必定。血統はステゴ×マック×テースト。遡ってみてもバックボーンはマイバブーとハイペリオンの蓄積。エッセンスとしてのサンデー・サンクタス・ナスルーラ。その時代特有の質のスピードを加えながら、スタミナと健康度を内包できた稀有の例。テーストの4×3は短距離志向というよりハイペリオンクロスの方に働いているように思う。兄ドリームジャーニーの持っていた2つの長所であるトップスピードに至るまでの速さと、ハイペースと斤量耐性。また逆に兄の弱点である脚の短さと小さすぎる馬体は継承しなかったため(決して大きくはないが)爆発的な破壊力を持つことができた。間違いなく兄よりは使える脚が長いし、脚が長い分スピードに乗る時間も短い。兄が2歳のうちから活躍できたのに対し、弟の方は、父から受け継いだ気性のせいか、くしくも、東日本大震災が起こったために、阪神で行われたスプリングステークスまで待つこととなる。もちろん兄と同じく古馬になってからの成長力は疑うべくもなく、さらに力をつけている筈。ロンシャンで走った昨年も先頭に立つまでの速さは日本と変わらず(ダンシングブレーヴってこうだったんじゃ?)、むしろそれがマイナスに働いたが、2回目のスミヨンなら大丈夫だろう。昨年のJCみたいに当たり負けだけはしないよう頑張ってもらいたい。我が最初のスターホースのマックの血を引き継ぐ馬で凱旋門を勝ってもらいたい。お・も・て・な・しスタイルでTVの前で拝むんですけどね。今回は。そして勝ったら言うのさ、1年越しのあのセリフを!
posted by スキピオ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日王冠'13予想

今夜のレースも気になるけど、このレースも個人的に気になる馬が結構いて、かなり楽しい家

ダークシャドウ・・・安田記念でも書いたけど、エンジン温まるのが遅いタイプ。毎日王冠’11で府中18こなせたからマイルもOKではなくそのレース前半5Fは61.1秒。待たせてもらえれば、あの脚が使える。で、今回北村が待たせてくれそう?

ショウナンマイティ・・・エンジン温まらなくていいタイプ。その分、距離短縮に対応できる。極論するとダークシャドウが上り33.9秒なら(11.3-11.3-11.3)になるのに対し、この馬は(12.8-10.5-10.5)となるイメージ(安田’09のウオッカvsディープスカイ見てもらった方が解り良いかも)。それ故、安田では初めて長い直線で追ってどの程度の時間脚が使えるか見たかったのだが、あの競馬。今回で見ることとなった。ただ、大阪杯から推量すると使える脚が長かったらそれこそ、オルフェを倒しちゃうからね。今年は体重増やしつつ、結果も好調。天高くでピークなんでしょう。

エイシンフラッシュ・・・この馬キニナル。秋天制覇に大阪杯で8-3-3-の動きで33.5秒の上り。この年にして馬肥ゆる?使える脚が短いこの馬も、進化してるのだろうか?ダークシャドウと同じく待たせてもらえて、58kgならオッズ高過ぎると思うが。あと、注意点としてダークに乗っていた福永がこちら騎乗ということで、乗り方如何によっては、ダークとエイシンの情報晒してくれそうな感じ。

タッチミーノット・・・この馬の大成に結構期待したんだけどなぁ。

クラレント・・・ダンス産駒が今回多いね。その中でも前目につけてキレ有タイプ。川田だし。何気に府中重賞3つか。

コディーノ・・・中山替わりの、距離短縮なら狙い目なんでしょうけど。うーん2番人気。

ジャスタウエイ・・・カレンブラックヒルと同じく昨年だけの特殊馬場と斤量の合わせ技だったんでしょうか?

ミッキードリーム・・・毎日王冠’11、秋天’11みると買いたくなる。最近は最後1F時計を要すると良いみたいだけど。

◎エイシンフラッシュ
○ショウナンマイティ
▲ダークシャドウ
△クラレント・ミッキードリーム


◎の頭のフォメが旨み
posted by スキピオ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

京都大賞典'13予想

そもそも瞬発力はともかく速い脚は持ってるし、休み明けもさほど苦手でもない王者が58KGでG2。オッズよ下がれ〜♪

◎ゴールドシップ
○アンコイルド
▲エクスペディション
△トレイルブレイザー
△ヒットザターゲット
△トゥザグローリー

願うならばオルフェとこの馬が凱旋門賞でガチンコ対決するのを見たかった飛行機

posted by スキピオ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする