2013年06月23日

宝塚記念'13予想 その2

続き。

ジェンティルドンナ・・・戦績少ないだけに、持続戦の経験が心もとない。アラを無理やり探すということであれば、マイラーの武器が、ことごとく効いた戦績ではないだろうか?JCではマイラーの脚で位置を取り、後ろが詰めてくるのを待ってからのマイラーの切れで封じ込める。オークスに至っても、超ハイペースだけに、マイラーのポテンシャルとしての追走スピードが活きた形じゃないだろうか?唯一の内回りの秋華賞では超スローを捕まえたが、マイラーだから届いたのであり、本来秋華賞で要求される持続性を要求されなかったとも言える。今回想定のかなり早目の持続戦はステイヤーとしての領域。瞬発力で対応できる部分はあるだろうが、おそらく前に行く岩田。展開がきついだけでなく、海外帰りで休み明けの今回、いつもの瞬発力と持っているかもしれないし、持っていないかもしれない持続性(しかもかなりの)を出せますでしょうか?

トーセンラー・・・調教と先行指示で消し。この馬にも疲労が。。。武が指示通り乗るとは思わんが。

ダノンバラード・・・当初のスロー想定なら拾わないといけないかなと思ったが(それでも瞬発力足りないよね?)、上記想定で川田。

シルポート・・・内田がどうせ来るので、速くとも、遅くとも。

ナカヤマナイト・・・こちらもスローで買おうと思った1頭。マイルG1を使ったので追走がもうちょっとよくなるかなとの期待だったが、案外死んだふりの鞍上が、スピードは足りないものの、追い続けた前走が今回の我慢比べに吉と出そうな感じ。

ヒットザターゲット・・・今回の想定でぴったりの馬。仕掛けてもワンテンポ遅れるタイプ。しかし、バテない馬。小倉を追い込んで勝つあたり、持続性は良い、大阪杯は伸びているんだろうけど、相対的にそう見えない。目黒記念も57.5KGであの競馬なら、かなりの自力強化は認めないといけない。ラチに頼るということなので、その辺がどう出るかだが、鞍上が展開読みの達人だけに、面白くなりそうな気配。今回は後ろが正解だぜ、福永!


◎ヒットザターゲット
○ジェンティルドンナ
▲フェノーメノ
△ナカヤマナイト

願いが叶うなら、フェノーVSゴールドの底力対決を見てみたいがいす

posted by スキピオ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

宝塚記念'13予想 その1

 内田「少頭数でマクリ易い」、蛯名「少頭数で何時でも外出せる」岩田「少頭数だからテン行っても大丈夫、切れる脚はライバルは持っていないので、待ってからの追い出し」→スローが当初の妄想。そこに先行策のトーセンラー陣営の情報と、内田が勝つには、仕掛けがいつもより早くなければいけないと思っているであろうと、心変わり。かなり早目の持続脚戦だぁ!

ゴールドシップ・・・春天は前目が今後のトレンドなんでしょう。切れない脚は認めるものの、レースの上りが36.3秒に対し、この馬の上り37.0秒。となれば、届く速い脚がなかったとういうよりは、いつもの長い脚を使えなかったという解釈。というのも、前から気になっていたこの世代のクラシック戦線の過酷さ。皐月賞以降のレースに限定してみても、ハードなレースとして、皐月賞、京都新聞杯、ダービー、セントライト記念、菊花賞。上位陣が軒並み引退に追い込まれている中で、本場とフェノーメノが残っているのは、ステゴ産駒の優秀さというか、健康度の証ではあるが、有馬記念もきついレースで、阪神大賞典に限っては勝ちに来たベールドインパクトを競落しての1.4秒差。ステップレースとしては厳しすぎたのか、春天の調整に陣営四苦八苦でのあの過酷さの中での5着。持っている能力以上に走っているよ。間違いなく、私が見ている中では、ブライアン以上の過酷な戦績。終わっていてもおかしくないと思うし、これ程の馬だけに、引退から逆算してレースを選んでもらいたい。消し。

フェノーメノ・・・ゴールドシップ程ではないが、此方も、青葉賞経由でのダービー好走と、セントライト記念からのハードさはなかったが古馬とガチンコ対決。日経賞から、尋常じゃないペースの春天を勝ち切る。この馬ですら、普通のG1馬からすれば十分勤続疲労を考慮して良いレベルだし、昨秋の戦績から展開向いていたと思うJCの0.8差は負け過ぎという印象なので、タフさはあるがそろそろ、顎があがるかもしれない。前走もオルフェ世代の3番手の休み明けトーセンとの比較であの競馬なら、やはり、ゴールドシップが走らなすぎという解釈で良いように思う。G1馬だし、十分高いレベルにいるが、上りの速さ、スタミナ、ハイペース耐性の強さ等ある筈が、G1一つって、どうしてだい?。右回り内回りどうこうは、もう言わなくていいし、宝塚の性質上、この馬の先行脚質はピッタリ。しかも内枠。回復力次第なんですが、同等の競馬をしたトーセンの調教見ると、消したくなってくる衝動。中7週というより、生涯疲労度を懸念しなければいけない世代。残っているのは牡馬で2頭なのだから。

ジェンティルドンナ・・・JC等で来日する外国馬を戦績とは別で輸送懸念で割引しますよね?言うなれば、JCで走ってきた馬を地元帰ってきた時に狙いますか?ということなんですが。レース使って往復ですよ往復。それを1番人気って。もっと皆様疑ってください、オッズが低すぎるでしょう?(笑)ウオッカとブエナが往復後に好走したのは牝馬G1。その後やはりブエナもパフォーマンスを落としての宝塚の結果だったと思う。リフレッシュ放牧明けのということは休み明け。100%の状態と仮定すると適性はどうであろう?オルフェに勝ったという事実はイコール、オルフェより強いとはならない。それこそJCのオルフェは海外の往復の割引で、レース展開もこの馬向き(というより岩田の手柄)だったし、スローからの瞬発力勝負での、オルフェを待ってからの斤量利での勝利。今回の早目持続戦でどうか?うーん酔った続きは明日手(パー)
posted by スキピオ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

ユニコーンS'13予想

ダート戦線ももうちょっと、盛り上がるように整備してほしいバス


◎エーシンレンジャー
○クロムレック
▲チャーリーブレイヴ
△12・15・10・3・6

※馬場変更につき変更

posted by スキピオ at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

安田記念'13予想 その2

続き

グランプリボスそろそろ下降線?・・・母系早熟なのでバクシンオー産駒でもそろそろ切りのタイミングを計りたい。叩き良化タイプが休み明け勝利。些細な兆しからピークアウトは突然訪れる。今回が最後の印かも。心情としては、思い入れのある馬だけに勝ってほしい(←昨年買えよ!)

ショウナンマイティ・・・大阪杯。前半5F61.5秒(上り33.7秒)だから低レベルというと間違う。このスローを8-8-3-3のエイシンフラッシュ(上り33.5秒)。使える脚の短いエイシンがオルフェに勝つための鞍上の計算(馬の特性と、力量の把握、ペース判断とそれを即座に反応する決断力)は見事。それを10-11-9-6(上り33.0秒)で差し切るオルフェも使える脚が長いだけでなく、シフトチェンジが達者。この2頭がこういう動きの中ショウナンマイティは13-13-12-10(上り32.9秒)。勝負ついたあとに上り嵌っての2着ね!。。。ではない。G2だけにこのペースだと最後まで脚は止まらない。上り4F45.3秒で伸び続けている上記2頭に4角10番手から大外回して割って入るにはどういう脚が必要か想像していただきたい。

◎ショウナンマイティ
○カレンブラックヒル
▲グランプリボス
△ガルボ

以下、後ろ髪引かれる馬たちというか外枠じゃなければ狙った馬たちはオッズ次第で3着ヒモ狙い
×8・10・15・16・17・18

さて結果は如何にモータースポーツ

posted by スキピオ at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安田記念'13予想 その1

多士済々。楽しすぎる。馬券は当たらなそうだが、このレースの結果が出た頃に、絡まった糸がほつれる様に、色んなものが得られるように、疑問をもって予想したい。

ダークシャドウVSショウナンマイティ・・・中距離タイプのマイル適性への推量。ダークシャドウは11秒台を続けることができる能力に対し、ショウナンの方は、トップスピードに乗る時間が速く、且つ伸びる能力が秀でている。マイル距離への適性はショウナンに部があると思う。というのも、脚を繰り出すための助走期間(もしくは滑走路)がダークの方が必要というイメージ。また、どちらも追走スピードが足りるかどうかが問題で、その部分でも、加速度という武器の方が有利とみる。(ショウナンの方は気性の問題であの位置という感じがするので、マイルには対応できるだろう、だって、何故長距離使わないんだい?ということになるから。)

ヴィルシーナの取捨・・・府中マイルという絶好の条件替わりで待望のG1勝利。牝馬限定であれなら、混合の今回要らない。。。とはならない。上りの脚がない分、ペースの上がる混合の方がパフォーマンス適性も良いし、斤量利もある。なのにこの枠。。。狙いはむしろイサベルの方か?

カレンブラックヒルの3歳時の走りは斤量利か?・・・マイラーズC見る限りそれはない。普通に強い!枠絶好の今回が試金石。ペース関係なく伸びてくる猛者たちをスピードで抑えきれるかどうか?斤量利がなくなる分、前向きな立ち回りが必要となるが、鞍上できますかね?

ロードカナロアは距離持つか?・・・本格化してからの最長距離経験は前々走の阪急杯。内回りしか走ったことがないので、直線最長距離は高松宮記念2走のみ。スプリント戦だけど、府中(525m)の次ぐ中京の急坂ありの直線(412m)を33.2秒で差してきた。放牧明けでなく、例年の芝なら狙いましたな、間違いなく。

外国馬は通用すのか?・・・みなさんどうやって予想してるんですか?


内枠から順に調べているんだけど予想間に合わないかもしれない。
posted by スキピオ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする