2010年12月24日

有馬記念’10予想

ローズキングダム取消によって、中山初出走が15頭中7頭。逃げ馬不在。騎手・調教師とも錚々たるメンツ、何かとんでもないことが起こりそうで面白いです。

ネヴァブション・・・宝塚で◎にした分、食指が動きにくいが、府中でパフォーマンスを上げてきている分、不気味だ。その宝塚記念はスローにならず絶好の展開、且つ内枠の経済コースで5着。ナカヤマフェスタから0.5差以内にブエナ・アネスト・ドリジャなのだから、自身最高パフォーマンス。ただ条件最高でトップと0.5差。壁と言えば壁なのうだろう。毎日王冠では、不得手そうな瞬発戦府中18を皆が外を回す中、内を突いたとはいえ、3着。次走天皇賞でも、大外を回って5着。7歳にして成長?とは言えないだろうから、強い馬たちが引退したということだろう。ただ、この3走ともヤヤ重。ステイヤーズSでは、58KGが効いたのか、フォゲの早仕掛けに、対応したものの、コスモヘレノスを捕まえ切れず3着。このレース自体、このメンバーにして持続的なスピードを要求されたれレースで、フォゲと共に強い内容。内枠に入った後藤J。宝塚の敗戦・天皇賞の好戦でどういう乗り方をするのか?この組もロングスパートを予習した組。

ルーラーシップ・・・単純に消耗度としては1番良い状態で臨める。プリンシパルSでは、3~4角のペースが緩んだところを押し上げ、突き抜けた。枠からしても先行の絶好の位置から脚を伸ばせそう。

ペルーサ・・・ルーラーシップのプリンシパルをダービーで行って、上がり33.3秒で0.5差。ロングスパートはお手の物だが、後ろからでは。

結論
逃げ馬不在で、誰も速く引っ張ることが出来ない。スローで進み、3角辺りかのロングスパート戦と想定。ロングスパート経験豊富なスタミナタイプのステイヤーズS組2頭ネヴァブションとフォゲッタブルが速く仕掛ける中、スタミナでは劣るが、先行し、伸び脚で違うルーラーシップとトゥザグローリーの戦い。たまたま3年続いて、底力が必要なレースになっただけ、スローの年は先行馬がそのまま残り、強い馬が突っ込んでくるだけ。スローでロングスパート戦なら、ギアチェンの効く内枠先行軽量馬を狙う。

◎ブエナビスタ
○ルーラーシップ
▲トゥザグローリー
△ネヴァブション・フォゲッタブル
posted by スキピオ at 21:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

有馬記念の下調べ その3

くっそー。モンテクリスエス出れないのか。

トーセンジョーダン・・・2~3歳時は中山>東京と思っていたが、いまや中山<東京だったのではないか?と思ってしまう程の実績。前走は、内枠が効いていることは確かも、かなりのハイペースで、内を突いたジャミールを1馬身3/4の差。なんとジャミールより速い上がりで、直線では外を回してきたのだから、強いの一言(春から狙っていた、ヘレノスを次走で拾い忘れる痛恨の一撃)。おそらく人気だろうが、切ってはいけない一頭。

トゥザグローリー・・・アイルランドTでトーセンジョーダンに切れで負けた時点でかなり軽視したのだが、マイチャンと中日新聞杯はかなり走った。マイチャンを走ったお陰で、前走追走も楽だったと思うのだが、しぶといコスモファントムが引っ張ってくれた所為か、内枠の所為か、33.6秒の脚で突き抜けた。4角で差し馬たちが外に振られたのはペースがその時点で加速中のためだが、最後の1ハロンが11.1秒。坂の下りからのロングスパートで伸び続けたことは、有馬への予行練習は済んだ模様。連戦続きと急坂(中山初めて、今回多いね)が嫌だが人気はないだろう。穴候補筆頭。
posted by スキピオ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

有馬記念の下調べ その2

オウケンブルースリ・・・なかなか連続使用に耐えないジャンポケ産駒。意外に中山が初出走。上がり偏重の馬だけに、中山が得意とも思えない。前走展開が向かなかったのは事実だが、それ以上の脚を使った馬が2頭ココも出走だけに狙いにくい。


ダノンシャンティ・・・さすがに手が出ない。


メイショウベルーガ・・・こちらも中山が初コース。前走で使いすぎの懸念があったが、ソコソコに好走。フレッシュ度を要求される有馬でどうなの?


うーん。逃げ馬がいないぞぅ。明日は逃げそうなネヴァブションとトーセンジョーダンを掘り下げよう。(3歳馬をどうするかが、ポイントになりそうな予感)
posted by スキピオ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

有馬記念の下調べ

ここ数年、有馬記念の日は競馬仲間が、全員集合で新潟競馬場に集まるのが恒例になっている。12月下旬の朝8時くらいに門の前に並ぶ寒さといったら、信じられない位だが、並んでいる人たちは何故か、皆楽しそうにしているのが不思議だった。「こんな朝から並ぶなんて、相当好きだね」と目の前の人間と自分自身に言っているような感じ。ちょっといつもの開門前と違う雰囲気。有馬が他のG1と違うのはこういう部分にも表れる。

昨年はエアシェイディからの馬券で稼がせてもらった。今年もそういう馬を探せるかどうか?

フォゲッタブル・・・昨年の有馬が終わった時点で、来年の有馬はコイツが狙い目と思った。実際天皇賞では1番人気。その後凡走を繰り返しココに登場。昨年はリーチが飛ばし、上がりが36秒の展開で、僅差4着。ダンス産駒で中山心配も、スタミナに特化した血統のせいか(ハイペースの斤量のメリットもあったはず)好走した。今年の逃げ馬は、コスモラピュタになるのか?どちらにせよ、昨年以上のペースにはならないだろう。前走も、1周目で最後方からポジションを取りに行き、2周目で、捲る強引な競馬。それで0.5秒差なら、相当強いと思うが、はたして、スタミナを争うようなレースとなるか?可能性は低そう。競馬新聞に行きっぷりが悪くなっているとの話だったので、もう、買ってはいけない馬かもしれない。

コスモラピュタの逃げなら、スローを3角から動くとなると、ローズ(またか)かレッドデザイア辺りが狙い目か? 明日に続く。
posted by スキピオ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jr.大明神様

Jr.さんから『打ち上げ花火のトップページで紹介している意味わかっているの?』といわれそうなので、早速有馬の予想をとも思いましたが、紹介して頂いたお礼をこの場をお借りして(自分のブログですが・笑)させて頂きます。

『打ち上げ花火』を知ったのは3年前位になると思いますが、それ以来ずっと競馬予想の参考にさせてもらっています。Jr.さんや他の競馬ブログを知るまでの予想は、悲惨な状態でしたが、一昨年と今年のPATはプラス計上することができるようになりました(競馬場に行くと相当負けていますが)。今回のような予想大会が、きっかけで、直接コメントやメールのやり取りができて大変嬉しいですし、Jr.さんのところのアクセス数も現在疑似体験しておりまして、正直、ビビっております。

自分だけで予想していた時も楽しかったのですが、LAP等、自分の知らない競馬の要素をブログを通して、学んだり、皆様がどう予想しているのかが解って、どんどん競馬の奥行きみたいなものが広がっていく感が今、一番楽しいです(遅いですが、やっとブログの楽しさみたいなの感じてます)。

そんな中で、チキチキ予想大会なるものを生み出し、運営し、ブログの交流を促進させているJr.さんって、凄すぎますぜ。

今回、参加し、的中し、そのやり取りを通して、Jr.さんが裏方でやっている作業の大変さみたいなものは、肌で感じましたし(トラックバックできなくてすいませんでした)、競馬ブログ界がどうしたら良くなっていくのかを考えている志の高さ(普段の文章の明るさとのギャップに女性は惚れることでしょう)みたいなものを心に秘めているんだなと思いました(違います?)。今回参加してその辺に気づけたことが嬉しかったです。

せっかく、Jr.さんが、ブログ交流のために、このようなことをやられていますので、私もこれを機に相互リンクをいろんな人にお願いしてみようと思います。

長くなりましたが、今回は大変ありがとうございました。
posted by スキピオ at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

朝日杯FS’10予想

朝日杯FS‘10予想
近年、このレースからクラシックで好走、また古馬になってからも活躍する馬が出始めた。その被害は甚大なのだが、クラシック好走馬は差しタイプが多く、それ以外をスプリンター・マイラータイプの先行タイプが占めている。

京王2組
スローの上がり勝負。差してきた馬で、リアルインパクトは内目を前がポッカリ空いていたので、スムーズに進出。外から差してきたグランプリボス。札幌15を新馬戦で1分30秒を切っていたので、注目していてデ杯2でしこたま買ってしまった。この馬の姉を1口馬主で出資しようと思っていたのだが、ファミリー全体の印象は、新馬戦はあっさり勝ち、その後停滞し、古馬条件戦で2勝目というタイプが多かった。グランプリボスも同じかと思ったら前走あっさり勝ってしまった。もはや、この馬で金を回収することは出来ないだろうが、このレースの中では、この馬を選びたい。

東スポ2組
逃げ馬2頭が後続を離して、それ程ではないがハイペース。が、レース全体で息が入るポイントが無かったため、差し・追込み系で決まる。これを前で残しているマイネラクリマが穴人気している。出遅れたサダムパテックは中盤押し上げ、直線突き放す強い競馬。リフトザウイングスは、この展開を遅れて差してきて2着。距離短縮に中山で買いたくはない。

リベルタス・・・外回りばかりを経験で黄菊辺りのキツイペースでも大跳びでゆっくり差してくる走法。20位の距離から本領発揮と思うのだが、何故来週使わない?マイルに対応するあたり、能力高そう。ここは条件?

マイネルラクリマ・・・マイネル・松岡・チーフベアハート×サンデー・内枠・先行タイプ・調教も猛特訓。足りないのは坂経験だけ?結構人気している。

サダムパテック・・・前走だけでなく、2走前も優秀。フジキセキと出遅れ不安も、それでも3着には来そうな強さ。

グランプリボス・・・追い切り1本のデ杯2を無視すれば、普通に有力。

アドマイヤサガス・・・外枠+フジキセキ。阪神の坂を14と16で経験。前走もかなり巧く乗って2着。オッズも微妙で買いたいのか買いたくないのかどっちだ?。

ディープとハーツ産駒がマイルで追走苦労するところを短距離系のスピードで先手先手を打てる馬を。

◎グランプリボス
○サダムパテック
▲マイネルラクリマ
△アドマイヤサガス

やっぱり、お前が自身で金返せ!
posted by スキピオ at 11:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

阪神JF‘10予想 その1

阪神JF‘10予想  その1

改装以降、強い馬しか来ないらしい、阪神JF。となると弱い馬から狙ってみたいのだが、そこは、2歳のやんちゃ娘達。ペースは速くなるだろうし、今までなかなか経験できない急坂もあるよ。


ダンスファンタジア・・・ファルブラブ×ダンスインザムード。ファルブラブ産駒は結構好きなんだけど、母父サンデーでも、G1での切れ負けは否めない。藤沢ローテでココ出走。藤沢軍団は、成長段階では、絶対無理はしない。その分、古馬になってからちゃんと活躍するし、息も長い。今回栗東留学も、阪神を経験させるくらいかと思ったら、坂路51.7秒。スピードがあり過ぎるということだろうか?前走見る限り気性的な面ではなさそうなので、今後、距離延長では慎重に検討しなければならない。赤松賞はスローを先行し、しっかり上がりの脚を使う。逃げ馬2着なので、展開も向いた。新馬戦ともスロー経験しかないので、想定上、オッズ上買いにくい。前走からの伸びしろがあるかといえば、そりゃ相当あるだろう。先行適正馬が外枠で意地悪武が按上、先行の外を陣取り、福永・和田を距離ロスさせる方向だろう。

アヴァンチェラ・・・ジャンポケ×サンデー。ホウオーとトポピの全兄弟。来年のクラッシック戦線では早熟だろうと勝手に決め付けて痛い目に合いそうだが、ジョッキー和田で?関西中堅どころを変え続ける趣向か?と思ったら、池添先約っぽいね。前走札幌2歳ステークスはかなり優秀。中盤緩まず、厳しいペースを経験してココで距離短縮。2歳戦で札幌15は1分30秒を切ったら、18は1分50秒を切ったら、即、重賞級というのが持論(今年は一杯いたのだが)。安勝の馬も相当強いが、展開嵌ったにしろ、こちらは出遅れ外々を周り、0.1秒差。阪神外回り必須の速い脚を見せていないが(持っていない可能性もある)、想定上この馬は有力。調教見る限り、切れはねーなー。

ホエールキャプチャ・・・クロフネ×サンデー。前走 芙蓉ステークスではオルフェーヴルを封じ込めた。その前々走は前半スローも後半は長くいい脚を使った。オルフェーヴルがダメだったのではなく、この馬が良かったと言うべきか?前走、出遅れで追込み(純粋な逃げ馬ではないのか?)タイム差なしで、レベルが相当低いファンタジー組の中で唯一拾える馬。というか、調教絶好調ってだけで買いたくなるタイプ。素質馬がギリギリ間に合って幅を利かすこのレースで、叩き3戦目で状態抜群、中山の急坂経験、栗東留学・オルフェーヴルの凡走、ファンタジーSのレベルの低さの煙幕で、狙い目かと思ったら4番人気?3着だけでなく2着も狙えそうな器だが。

穴馬あと1頭しか見つけられないのですけど。
posted by スキピオ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ジャパンカップダート’予想

JCD‘10予想

阪神開幕週のダートG1。昨日も雨でヤヤ重残り。今日でどの程度回復するかが問題だが、昨日のダートは速かった。今年の気温で凍結防止剤はまだ撒かないようだ。

このレースの難しさは、ステップレースがバラバラであること。地方重賞もあるので、一筋縄ではいかない。府中21時代は、能力がストレートにでる舞台なので、どの馬が一番強いかを解れば正解も近かった(最も得意なG1であったのだが)。阪神18になりちょっと様子が変わる。メイショウトウコン・ゴールデンチケットに見られるように、ちょっと格下の後ろからの馬が間に合う(メイショウトウコンにも稼がせてもらった。自慢)。地方の競馬場を含め、直線、坂が無いのが普通。阪神・中山だけ急坂がある(府中はジリジリ昇る坂)。中山の坂は急すぎてスタミナ寄りになるが、阪神はスパイラルカーブと相まって、瞬発力が武器の差し・追込み馬優勢に働く。平坦をスタートの勢いで流れ込む先行有利のダートのセオリーがここでは通用しない。最後の直線だけで前を詰めることができる瞬間的に伸びる脚が相対的に効果が増す。そういう意味では芝を使っていた馬が府中時代より結構成績が良い。36秒台前半以上の脚を持つオッズの低い馬が狙い目。

クリールパッション・・・我が心の愛馬。ワイルドラッシュ×トニービン×母系のハイペリオンクロスの蓄積。2歳時から応援しているのだが、同じワイルドラッシュ×トニービンのトランセンドの方が有名になってしまった。この馬を知り尽くしている身としては、ここでは買えない。能力的に例えるなら、エンジンは良い物を持っているのだが、ギアがセカンド(2速)までしか持っていない(府中・京都・阪神は最低3速位は要る)。その分スタート・ギアチェンは得意なので、函館・札幌の砂が合う。4つの角を曲がるため、加速する機会が多いから。また小回りだが径の大きい競馬場のため、曲がり続ける分、直線が短く、その弱点が出ない。前走、目一杯エンジンを吹かしただろうが、ギアが足りない(落鉄したらしいが)。ここはとても買えない。応援馬券は昨日、記念に買っておいたが。

トランセンド・・・適正はクリールパッションと同じだと思うが、エンジンは更に高級品。ギアも3速まで持っている。今回のレースはこの馬が先手を取る分、締まったレースになるはずだし、この馬の上がりを詰めてこれる脚をもった馬を探すことになる。

キングスエンブレム・・・エンジン3流のギア6速持ち。こういう馬をココでは狙わなければいけないのだが、オッズがミーハー人気。福永が2枠で上手にシフトチェンジ出来るかどうか?が問題。弱い馬なんだけどなぁ。「内枠で最後の直線トップギアに入れるのは難しいぜ」と切りたい心境。

シルクメビウス・・・エンジン2流・ギア5速。おそらくトランセンドと共に、日本ダート界を引っ張て行く馬。府中・阪神の中央G1はこちらが上だろうが、地方のG1はトランセンドが席捲するであろう見立て。対トランセンドでは4戦2勝で5分だが、2勝は共に京都。負けたのは小回り新潟で相手にならず、もうひとつは未だに理解不能の昨年武蔵野S(他の馬たちも解析不能なレース)。この馬のエンジンの吹け上がり・ギアの引っ張り等、知り尽くしている按上。この大舞台で騎手を変えない関係者には敬意を表する。

ラヴェリータ・・・エンジン最高級品(おそらくトランセンドより上)。ギア比は2速と3速の間位を持っている。エンジン凄いので、距離関係なし。ただ瞬発力で負ける。牡馬相手に、エライ斤量を背負ってきたが、条件が過酷であればある程、着順を上げる馬。残念ながらここはそういうレースではない。が内枠の岩田。ちと怖い。

アドマイヤスバル・・・前走はかなり強い内容で、シルクメビウスに先着。ダートで瞬発力を感じないが、マイルチャンピオンシップで芝G1を0.4差7着の実績あり。意外とトランセンドの後ろを離れされず3着ありそう。

ダイシンオレンジ・・・京都18を4連戦のローテ。前走追い不足らしく度外視。
 
     初夢 36.9−38.0−35.8
     平安 36.5−37.7−37.0
     アン 36.2−37.0−36.5
     みや 36.2−36.9−38.4
 
条件上がるごとに中盤(真ん中の数字)は時計詰め、連帯を維持。ハイペース耐性は頼もしいが、差し脚はスローの初夢で35.8秒の脚(このレース35秒台の脚他5頭)が最速。しかも京都コースだけで阪神の坂がどう出るか?意外とシルクが飛んだ場合トランセンド―アドマイヤスバル=ダイシンオレンジの三単の目もおもしろい。


◎シルクメビウス
○トランセンド
▲アドマイヤスバル
△キングスエンブレム・ラヴェリータ・ダイシンオレンジ
人気薄の差し馬いねーなー(泣)
posted by スキピオ at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする